こどもの家庭内事故を防ごう

夏は熱中症が最も多くなる季節です。高温の炎天下にいると、大量の汗で体の水分や塩分が 失われ、体温調節がうまくできなくなってしまいます。特にこどもは体温調節機能が未熟で熱 中症になりやすいため、大人が気をつけてあげましょう。

また、熱中症は戸外でだけ起こるとは限りません。真夏の車内はクーラーをかけていても高 温になることがあります。また、家の中にいても屋内に熱がこもり、熱中症になってしまうこ とがあります。戸外、屋内にかかわらず、こまめな水分補給、温度管理など適切な対処をし、 熱中症を予防することが大切です。

どうやって予防する?

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

起こってしまったときは?

  • こどもは体温を調節する機能が大人に比べて未発達です。こどもは上手く汗をかけません。
  • 全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。

以上のような特徴から、小さなこどもほど脱水状態や熱中症になりやすいのです。

起こってしまったときは?

  • 軽いめまいや頭痛がある場合、軽い熱中症の可能性があります。衣類を緩め、涼しいところ に頭を低くした状態で寝かせます。塩分・糖分が含まれたイオン飲料を、こまめに少しずつ 飲ませましょう。
  • 全身がだるそう、意識がはっきりしないなどの症状がみられたら、「熱疲労」かも知れません。 重症化しないための処置が必要です。イオン飲料をこまめに少しずつ与えながら、冷たいぬ れタオルで拭く・風を送る・クーラーの効いた部屋に寝かせるなど積極的に体を冷やすよう にしましょう。同時に病院を受診する準備をしましょう。
  • 40℃を超える体温、意識障害やけいれん、汗が出なくなるなどの症状がみられる場合、生命 の危険がある「熱射病」の恐れがあります。119番通報し、救急車を呼びましょう。到着を待っ ている間も体を冷やし続けることが大切です。

▲ページトップへ

こどもの命を救おう

  • 一時救命処置

こどもの家庭内事故を防ごう

  • 溺水
  • 窒息
  • 誤飲
  • 転倒・転落
  • 熱傷
  • 熱中症
  • 交通事故
  • 異物
  • こどもの救急バナー
  • こどもの事故と対策
  • #8000
  • 広域災害・救急医療情報検索システム
  • こどもの救急のご紹介(動画)
  • 情報カードデータダウンロード
  • このサイトは役に立ちましたか?
    • はい
    • いいえ
  • 次回同じことが生じた場合に対処できそうですか?
    • はい
    • いいえ
  • お子さんの急病時に夜間・休日受診できる医療機関がありますか?
    • はい
    • いいえ
  • 小児救急電話相談#8000をご存知ですか?
    • はい
    • いいえ
  • このサイトをどこで知りましたか?
    • 新聞・テレビ
    • 広報
    • 検索サイト
    • その他

ご回答ありがとうございました。

  • こどもの救急バナー
  • #8000
  • 広域災害・救急医療情報検索システム