きになる症状
  • 発熱(38℃以上)
  • けいれん・ふるえ
  • 吐き気
  • せき・ゼェゼェする
  • 腹痛
  • 皮膚のブツブツ
  • 下痢
  • 泣き止まない
  • おしっこが出ない
  • 意識がおかしい
  • 耳を痛がる
  • 頭痛
  • 誤飲
  • ウンチが変
  • 鼻血
  • 動物に咬まれた
  • 虫に刺された
  • やけど
  • 頭を強くぶつけた
  • こどもの救急バナー
  • こどもの事故と対策
  • #8000
  • 広域災害・救急医療情報検索システム
  • こどもの救急のご紹介(動画)
  • 情報カードデータダウンロード

急を要する症状はみられないようです。 おうちで様子をみながら診療時間になるのを待って、病院へ連れて行くとよいでしょう。

おこさんの症状

  • 選択された症状はありません。
ただし、症状が変わったら急患診療所を受診してください。連休・正月期間中は翌日に急患診療所を受診してください。

せき・ゼェゼェする時の看病ポイント

  • 泣いた際に唇の色が明らかに暗赤色や紫色を示す場合

    • 熱の有無や原因に関わらず急患診療所を受診すべきでしょう。
  • 犬の遠吠えみたいな太い声になっている場合

    • この場合、なるべく泣かせない様にすることが最も大切です。
    • 昼間に比べ夜にひどくなることが多くみられますので、こまめに様子をみましょう。
    • 夜でもあやしているうちにすやすや眠ってしまう様でしたら、翌朝まで待っても大丈夫です。ただし赤ちゃんの声がかすれて聞こえなくなる程ひどければ、受診した方がよいでしょう。
  • 気管支が弱い(あるいは喘息気味)と言われたことがある場合

    • お子さんご本人用に処方された手持ちの気管支拡張薬(発作用のお薬としてもらっている場合)があれば、指示通りにそれを飲ませて(シールの場合は1枚貼って)30分?1時間位様子をみてください。
    • せきが軽くなったりよく眠れるようになったりしたら、そのまま様子をみて大丈夫でしょう。ただし翌日必ずかかりつけ医を受診してください。
  • 何か食べていたり、口にくわえたりして遊んでいた場合

    • さっきまで何ともなかったのに(お茶にむせたかのように)急にせきがとまらなくなりましたか? せきが短時間で止まるようなら心配ありませんが、せき込みが続くようなら受診した方がいいでしょう。
    • 病院では「急にせき込みだした」ことを必ず伝えましょう。
    • 特にピーナッツなどの豆類を食べていた場合はなるべく受診しましょう。

>>せき・ゼェゼェするのチェック画面に戻る

© 2017 社団法人 日本小児科学会

  • このサイトは役に立ちましたか?
    • はい
    • いいえ
  • 昼間の通常診療時間中に、同じ症状で受診しましたか?
    • はい
    • いいえ
  • お子さんの急病時、医療機関が見つからず困ったことはありますか?
    • はい
    • いいえ
  • 近くに夜間・休日に受診できる応急診療所はありますか?
    • はい
    • いいえ
  • 小児救急電話相談#8000をご存知ですか?
    • はい
    • いいえ
  • お子さんが病気の時、誰に相談しますか?
    • 親族
    • 友人
    • かかりつけ医
    • その他
  • このサイトをどこで知りましたか?
    • 新聞・テレビ
    • 広報
    • 検索サイト
    • その他

ご回答ありがとうございました。

  • こどもの事故と対策
  • #8000
  • 広域災害・救急医療情報検索システム